FC2ブログ

【虚実妖怪百物語 破】

読書
04 /24 2019
4/17に読み終えました。

作者は京極夏彦さん。
三連作の真ん中です。

本作はこんな感じ。

富士の樹海。魔人・加藤保憲の前に、ある政治家が跪いていた。太古の魔物が憑依したその政治家に、加藤は言い放った。この国を滅ぼす、と―。妖怪が出現し騒動が頻発すると、政府は妖怪を諸悪の根源と決めつけ、駆逐に乗り出す。世相は殺伐とし、民衆は暴力的となり、相互監視が始まる。妖怪専門誌『怪』関係者は、この異常事態の原因究明のため、村上健司らが入手した呼ぶ子を出現させる謎の石の研究を続けるが…。 amazonから引用


電車の中で゜笑いをこらえつつ読みました。
時々、「ふひ」とか「うは」などと変な笑いが出そうになります。
面白い作品ですよ。

いよいよ次が最終巻、楽しみです、まる。

関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント