FC2ブログ

【ハーメルンの誘拐魔】

読書
03 /18 2019
3/14に読み終えました。

作者は中山七里さん。
相変わらずどのジャンルでも書きこなす人です。
どれも面白いからすごい

本作はこんな感じ。

病院からの帰り道、母親が目を離した隙に15歳の少女・香苗が消えた。現場には中世の伝承「ハーメルンの笛吹き男」の絵葉書が残されていた。警視庁捜査一課の犬養隼人が捜査に乗り出し、香苗が子宮頚がんワクチン接種の副作用によって記憶障害に陥っていたことが判明する。数日後、今度は女子高生・亜美が下校途中に行方不明になり、彼女の携帯電話と共に「笛吹き男」の絵葉書が発見された。亜美の父親は子宮頚がんワクチン勧奨団体の会長だった。ワクチンに関わる被害者と加害者家族がそれぞれ行方不明に。犯人像とその狙いが掴めないなか、さらに第三の事件が発生。ワクチン被害を国に訴えるために集まった少女5人が、マイクロバスごと消えてしまったのだ。その直後、捜査本部に届いた「笛吹き男」からの声明は、一人10億、合計70億円の身代金の要求だった…。 amazonから引用


薬害エイズ事件を思い出します。
あの事件のひどさは語り継がれて欲しいけれど…
そういう私がこの作品を読んで思い出しました。
反省します。

ハーメルンの笛吹き男については、『マスターキートン』の解釈が好きです。
天然痘の予防のために他の街に行った説。
それなら未来がありそうで。
このあたり個人で解釈が違いそうです。

あらためて考えるきっかけになりました、まる。

関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント