FC2ブログ

【翼がなくても】

読書
02 /25 2019
2/19に読み終えました。

作者は中山七里さん。
多作で多才な人です。

本作はこんな感じ。

「何故、選りにも選って自分が。何故、選りにも選って足を」陸上200m走でオリンピックを狙うアスリート・市ノ瀬沙良を悲劇が襲った。交通事故に巻きこまれ、左足を切断したのだ。加害者である相楽泰輔は幼馴染みであり、沙良は憎悪とやりきれなさでもがき苦しむ。ところが、泰輔は何者かに殺害され、5000万円もの保険金が支払われた。動機を持つ沙良には犯行が不可能であり、捜査にあたる警視庁の犬養刑事は頭を抱える。事件の陰には悪名高い御子柴弁護士の姿がちらつくが―。左足を奪われた女性アスリートはふたたび羽ばたけるのか!?どんでん返しの先に涙のラストが待つ切なさあふれる傑作長編ミステリー。 amazonから引用


面白すぎます。
一気に読み終えました。
短距離走の世界のことが少しは知れた気がします。

登場人物たちがまた魅力的です。
ヒロインはもちろんのこと、警官や弁護士にどこかで見た名前が…
こういった多作品の人物が出てくるのは大好物です。

本屋で必ずチェックしたい作家のひとりです、まる。

関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント