FC2ブログ

【護られなかった者たちへ】

読書
10 /01 2018
9/10に読み終えました。

作者は中山七里さん。
どんなジャンルでも書きこなす人です。
どれも面白いのがすごい。

本作はこんな感じ。

仙台市の福祉保健事務所課長・三雲忠勝が、手足や口の自由を奪われた状態の餓死死体で発見された。三雲は公私ともに人格者として知られ怨恨が理由とは考えにくい。一方、物盗りによる犯行の可能性も低く、捜査は暗礁に乗り上げる。三雲の死体発見から遡ること数日、一人の模範囚が出所していた。男は過去に起きたある出来事の関係者を追っている。男の目的は何か?なぜ、三雲はこんな無残な殺され方をしたのか?罪と罰、正義が交錯した先に導き出されるのは、切なすぎる真実―。 amazonから引用


読んでて、つらかった。
「おにぎり、食べたい」が出てきます。
思い出して泣きそう。

生活保護が本当に必要な人にいきわたりますように。
不正受給がなくなりますように。
あらためて、そう思いました。

本当に面白い話ばかりなので、また探します、まる。

関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント