FC2ブログ

【心のなかの冷たい何か】

読書
09 /24 2018
9/4に読み終えました。
タイトルに惹かれて手に取りましたよ。

作者は若竹七海さん。
ずいぶん久しぶりに読みました。

本作はこんな感じ。

失業中のわたしこと若竹七海が旅先で知り合った一ノ瀬妙子。強烈な印象を残した彼女は、不意に電話をよこしてクリスマス・イヴの約束を取りつけたかと思うと、間もなく自殺を図り、植物状態になっているという。悲報に接した折も折、当の妙子から鬼気迫る『手記』が届いた。これは何なのか、彼女の身に何が起こったというのだろう?真相を求めて、体当たりの探偵行が始まる。 amazonから引用



バブル期に書いた作品ということで、今とは別世界のようです。
携帯はないし、たばこをどこででもぱかぱかと喫うし。

ミステリらしくないミステリですかね。
たんたんと進みます。

面白いミステリを探しますよー

関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント