FC2ブログ

【透明人間―UBIQUITY】

読書
08 /17 2018
7/25に読み終えました。
たぶん再読です。
懐かしくて手を伸ばしました。

作者は浦賀和宏さん。
デビュー作である『記憶の果て』は最高に面白い。
読んで衝撃を受けた一作。
抜群ですよ。

本作はこんな感じ。

孤独に絶望し、自殺未遂を繰り返していた理美に、10年前に不審死を遂げた父の秘密が明かされる!?自宅地下に隠されていた広大な研究所。遺された実験データの探索中に起こる連続密室殺人。閉じ込められた飯島と理美。亡き父の研究とは?透明人間以外にこの犯行は可能なのか!?名探偵安藤直樹の推理が真相に迫る。 amazonから引用


『記憶の果て』と同じく安藤直樹シリーズです。
ああ、こんな感じだったと思いつつ読み進める。

浦賀和宏さんの本を読むと音楽が聞きたくなったり、映画を見たくなったり。
その意味では、今回のものは大人しい。

うーん、一作目二作目三作目ほど楽しめませんでした。
今度『記憶の果て』を再読しよう。

  
関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント