【どこかでべートーヴェン】

読書
06 /04 2018
5/18に読み終えました。

作者は中山七里さん。
外れの少ない作者です。
今回も期待。

本作はこんな感じ。

ニュースでかつての級友・岬洋介の名を聞いた鷹村亮は、高校時代に起きた殺人事件のことを思い出す。岐阜県立加茂北高校音楽科の面々は、九月に行われる発表会に向け、夏休みも校内での練習に励んでいた。しかし、豪雨によって土砂崩れが発生し、一同は校内に閉じ込められてしまう。そんななか、校舎を抜け出したクラスの問題児・岩倉が何者かに殺害された。警察に疑いをかけられた岬は、素人探偵さながら、自らの嫌疑を晴らすため独自に調査を開始する。 amazonから引用


「岬洋介」シリーズの第4作です。
今回も楽しめました。
演奏シーンは圧巻の一言。
音楽が聴きたくなります。
良作は常にそうですよー

今回は過去編。
かつての事件が語られます。
おお!と思う演出もあり。

続きが楽しみなシリーズです、まる。

関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント