【陸王】

読書
05 /04 2018
4/27に読み終えました。

作者は池井戸潤さん。
好きな作者の1人です。
『半沢直樹』シリーズで知りました。
ドラマから入ったのは、この人だけかも。

本作はこんな感じ。

勝利を、信じろ。足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。このシューズは、私たちの魂そのものだ!埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」。日々、資金操りに頭を抱える四代目社長の宮沢紘一は、会社存続のためにある新規事業を思い立つ。これまで培った足袋製造の技術を生かして、「裸足感覚」を追求したランニングシューズの開発はできないだろうか?世界的スポーツブランドとの熾烈な競争、資金難、素材探し、開発力不足―。従業員20名の地方零細企業が、伝統と情熱、そして仲間との強い結びつきで一世一代の大勝負に打って出る! amazonから引用


圧倒的に面白いですな!
中小企業が大企業に挑んでいくのは『下町ロケット』や『ルーズヴェルトゲーム』でも同じ。
あいかわらず楽しめます。

どれもドラマになっていますので、『陸王』も見てみました。
ゴールデンウィークに一気視聴です。
ドラマもまたよかった!

ラストが小説とは…
登場人物のその後が若干違う…?

同系統の探して読んでみたいと思います、まる。

 
関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント