FC2ブログ

【接近】

読書
11 /13 2017
10/29に読み終えました。

作者は古処誠二さん。
『ルール』は衝撃的でした。
戦争をテーマにした作品を今後も読み続けたいと思います。

本作はこんな感じ。

昭和二十年四月、アメリカ軍が沖縄本島に上陸したとき、安次嶺弥一は十一歳だった。学校教育が示すまま郷土の言葉を封じて生きる彼の前に、同じく郷土の言葉を封じたアメリカ人が突然日本兵の姿で現れる。本来出会うはずのなかった彼らは、努力をもって体得した日本の標準語で時間を共有し、意思を伝え、距離を詰めていく。人の必然にしたがって、相容れない価値観は「接近」した。 amazonから引用


沖縄戦。
先の戦争の最後の局面の一つ。

これも戦争の「真実」。
やりきれない気持ちになります。

守ることはもちろん大事です。
でも、戦争を賛美することはできそうもない。
せめて、銃を取るのはどうしようもない時だけにしたいものです。

関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント