FC2ブログ

【熊と踊れ】

読書
10 /06 2017
9/30に読み終えました。
手に取ったきっかけは、友人に薦められたから。
同時に薦められた『その女アレックス』が最高に面白かった。

作者はアンデシュ・ルースルンド、ステファン・トゥンベリ。

本作はこんな感じ。

凶暴な父によって崩壊した家庭で育ったレオ、フェリックス、ヴィンセントの三人の兄弟。独立した彼らは、軍の倉庫からひそかに大量の銃器を入手する。
その目的とは、史上例のない銀行強盗計画を決行することだった――。連続する容赦無い襲撃。市警のブロンクス警部は、事件解決に執念を燃やすが……。
はたして勝つのは兄弟か、警察か。スウェーデンを震撼させた実際の事件をモデルにした迫真の傑作。最高熱度の北欧ミステリ。 amazonから引用


こいつはすごい。
実話をもとにしたというのが凄まじい。
こんなことがあったのか…

作品で描かれる兄弟の関係がまたいい。
父親や母親も登場して、家族のつながりに、時に胸が痛くなる。

順調に行っていた銀行強盗が、次第に狂っていく過程がまたいい。
暴力ほ支配していたはずが、暴力にからめとられていく…

力とは、やはり怖いものでした、まる。

  
関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント