【珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る】

読書
09 /01 2017
8/22に読み終えました。
このミスシリーズっぽいので手に取ってみましたよ。

作者は岡崎 琢磨さん。
初めて読みます。


本作はこんな感じ。

京都の街にひっそりと佇む珈琲店“タレーラン”に、頭脳明晰な女性バリスタ・切間美星の妹、美空が夏季休暇を利用してやってきた。外見も性格も正反対の美星と美空は、常連客のアオヤマとともに、タレーランに持ち込まれる“日常の謎”を解決していく。人に会いに来たと言っていた美空だったが、様子がおかしい、と美星が言い出して…。姉妹の幼い頃の秘密が、大事件を引き起こす。 amazonから引用


ううむ…、これはミステリ?
これがミステリなのか…
このあたり、判断するのは自分の感覚。
少々、驚きました。

“日常の謎”を解決していくものなら、北村薫や加納朋子をまた読んでみようと思いました。まる。

関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント