【西洋菓子店プティ・フール】

読書
07 /15 2017
7/11に読み終えました。
タイトルを見て、甘いお菓子もいいなぁと思いました。
めったに食べませんが、たまに食べると美味しいですよね。
本とは関係ないところで、読むことを決めました。

作者は千早茜さん。
『魚神』でデビューした方だそうです。
不勉強で、まったく知りませんでした。

本作はこんな感じ。

頑固なじいちゃんと職人肌のパティシエールが営む下町の洋菓子店にようこそ。重箱の秘密は至上の宝石。スイーツに彩られた六つの物語。 amazonから引用


こんなセリフがあります。
「女を昂奮させない菓子は菓子じゃない」。
うひゃあ、と思いました。
お菓子をそんな風に見たことも、考えたこともなかった。
刺激的で、独創的な表現ですな。

本作にさまざまなお菓子が出てきます。
パテ・オ・ブリュンヌとかピーチ・メルバ、パリ・ブレストなどなど。
どれも食べたくなりました。
文章だけで、読者に食べたくさせるのは本作が素晴らしいからだと思います。
検索して、画像を見るとなおさらでしたよー

たまには近所の昔ながらのケーキ屋さんにシュークリームを買いに行きたくなりました、まる。

 
関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント