【書店ガール2】

読書
07 /08 2017
7/5に読み終えました。

作者は碧野圭さん。
前回の『書店ガール』の続編です。
現在、5巻まで出ていますので、順に読んでいくつもりですよー

本作はこんな感じ。

あの熱いコンビが帰ってきた!
吉祥寺に出店する大手書店チェーンに転職を果たした理子と亜紀。しかし、大型書店という、いままでと違う職責に理子は戸惑っていた。一方、文芸書担当として活躍する亜紀にも問題が。妊娠をきっかけに起こった夫との確執、書籍の回収騒動――。そんな忙しい日々の中、本と本屋の力を信じる二人が立ち向かう新たな挑戦とは?
全国書店員から共感の声が続々と届いた、書店を舞台とした痛快お仕事エンタテインメント第二弾。 amazonから引用


始まりは本屋大賞の授賞式。
毎回、素敵な作品が選ばれていますよね。
その本屋大賞の舞台裏が見られたようなお得な気分になりました。

働く女性にとって妊娠は仕事に大きな影響を与えます。
産休は当然として、仕事を続けていくのかどうか…
人それぞれに悩ましいところ。

この本で「三歳児神話」を知りました。
そうだよなぁ、無意識にそんな考えを持っていたと思います。
反省しました、まる。

 
関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント