FC2ブログ

【路地裏のほたる食堂】

読書
04 /05 2020
3/7に読み終えました。

作者は大沼紀子さん。

本作はこんな感じ。

お腹を空かせた高校生が甘酸っぱい匂いに誘われて暖簾をくぐったのは、屋台の料理店「ほたる食堂」。風の吹くまま気の向くまま、居場所を持たずに営業するこの店では、子供は原則無料。ただし条件がひとつ。それは誰も知らないあなたの秘密を教えること…。彼が語り始めた“秘密”とは?真っ暗闇にあたたかな明かりをともす路地裏の食堂を舞台に、足りない何かを満たしてくれる優しい物語。 amazonから引用


この作者さんの『真夜中のパン屋さん』の前半が好きなので読んでみました。
安定して読めることは読めます。
「ネコ缶」という仕掛けも面白いと思う。

ただシリーズ化が前提のような、ほのめかしや謎ばかり。
解決しないので、もやもやが残りました。

続編を手に取るかは微妙だなぁ。

関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント