FC2ブログ

【下町ロケット ガウディ計画】

読書
03 /15 2020
2/27に読み終えました。

作者は池井戸潤さん。

本作はこんな感じ。

ロケットエンジンのバルブシステムの開発により、倒産の危機を切り抜けてから数年―。大田区の町工場・佃製作所は、またしてもピンチに陥っていた。量産を約束したはずの取引はあえなく打ち切られ、ロケットエンジンの開発では、NASA出身の社長が率いるライバル企業とのコンペの話が持ち上がる。そんな時、社長・佃航平のもとに、かつての部下からある医療機器の開発依頼が持ち込まれた。「ガウディ」と呼ばれるその医療機器が完成すれば、多くの心臓病患者を救うことができるという。ロケットから人体へ―。佃製作所の新たな挑戦が始まった! amazonから引用


逆転ものがお気に入りで、またも読んでしまいました。
第一作に続けて読みましたが、やはりいいですね。

ドラマもいいし、小説もいい。
両方楽しめます。

この機会に全シリーズを再読します、まる。

関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント