FC2ブログ

【図書館危機 図書館戦争シリーズ (3)】

読書
01 /03 2020
12/19に読み終えました。

作者は有川浩さん。

本作はこんな感じ。

思いもよらぬ形で憧れの“王子様”の正体を知ってしまった郁は完全にぎこちない態度。そんな中、ある人気俳優のインタビューが、図書隊そして世間を巻き込む大問題に発展。加えて、地方の美術展で最優秀作品となった“自由”をテーマにした絵画が検閲・没収の危機に。郁の所属する特殊部隊も警護作戦に参加することになったが!?表現の自由をめぐる攻防がますますヒートアップ、ついでも恋も…!?危機また危機のシリーズ第3弾。 amazonから引用


あらためて差別と禁止用語について考えてしまいます。
どう考えても、それを故意に作り出す人たちがいて、身勝手に禁止にしたがる。
だって、床屋が禁止用語ですよ。
これが事実だと知って驚きました。

「言葉狩り」が行われていると聞いていましたが、ここまでとは。
あきれるとともに、確かに怖いなと思います、狩っている側の意図が。

笑っていられるうとに変えないといけないと思いました、まる。

関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント