FC2ブログ

【崖の上で踊る】

読書
09 /23 2019
9/17に読み終えました。

作者は石持浅海さん。

本作はこんな感じ。

那須高原にある保養所に集まった、絵麻をはじめとする十人の男女。彼らの目的は、自分たちを不幸に陥れた企業「フウジンブレード」の幹部三人を、復讐のために殺害することだった。計画通り一人目を殺した絵麻たち。次なる殺人に向けて、しばしの休息をとった彼らが次に目にしたのは、仲間の一人の変わり果てた姿だった―。クローズドサークルの名手が挑む、予測不能の本格ミステリー。 amazonから引用


あいかわらずの作風です。
閉鎖状況に閉じ込められた中で起こった犯罪を登場人物たちが解いていく。
安定して読めます。

今回は不正な行いをした企業への復讐が話に絡んできます。
そのことが語られる部分にこそ共感してしまいました。
話の本筋ではないのですが…
最近、企業の不祥事を見ていると、自分たちさえよければいいという考えが透けて見えたり。

ストーリー以外のところも楽しめる読書はお得な気持ちになります、まる。

関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント