FC2ブログ

【マル合の下僕】

読書
08 /25 2019
8/21に読み終えました。

作者は高殿円さん。
『上流階級3』はまだですか。

本作はこんな感じ。

関西最難関のK大で博士号をとり順風満帆の出世ルートを歩むはずだった瓶子貴宣は、学内派閥を読み間違えて、目下は香櫨園女子大学の非常勤講師(つまりパート講師)としての少ない月収を死守する毎日。しかも、姉が育児放棄した誉との二人暮らしで“父親業”まで背負っている。そんなある日、貴宣の授業を奪いかねない強力なライバルが出現!貴宣はコマ数を確保できるのか、そして、マル合の傘下に入れるのか!?さらに、誉にはある人物の影が忍び寄っていて…。貴宣の未来を、開くのはいったい、誰?象牙の塔の“最下層”で起きている出世競争を描くお仕事小説! amazonから引用


象牙の塔の中のできごとはやはり面白い。
しかも今回は非常勤講師が主人公。
「底辺」といわれる世界が興味深かった。

主人公と甥との関係もいいし、近所の住民も個性的。
主人公と同じ職場の同僚もよかったので、ドラマ化するとわかりやすそう。

月収10万円という数字がリアルに感じられました、まる。

関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント