FC2ブログ

【貸株には配当金相当額に注意①】

日記
07 /17 2019
少しの収入のために貸株もやっています。
月に数千円ですが、もらえるのは嬉しい。
手続きもそんなに難しくないし。

そう思って始めたら、とんでもない落とし穴がありました。

それが配当金相当額。
全く知りませんでした。

問題となるのは配当金です。
貸株をすると、この配当金が「配当金相当額」として支払われるようになります。
それだけならいいのですが…

配当金相当額になると税金が大問題に。
配当金が支払われる時に税金が約20%かかります。
普通の配当金でもらう時は、この約20%が一回だけ。

ところが配当金相当額になるともらう時にまず一回。
そして確定申告で、もう一回かかります。
なんと二重課税。
完全に大損です。

さらに、ですよ。
確定申告時に配当金相当額は雑所得扱いになります。
通常の配当金は配当所得という分類。
雑所得になりますので、配当控除の対象外。
すると税金は当然上がります。
ここでも大損です。

またまた、です。
配当控除の対象外となるということは、確定申告時の収入額は上がります。
すると、所得税・住民税もまた上がる。
追加で大損です、本当にありがとうございました。

月数千円のために大損害。
これを避けるための方法を次に書きたいと思います。
関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント