FC2ブログ

【TAS 特別師弟捜査員】

読書
07 /06 2019
6/22に読み終えました。

作者は中山七里さん。

本作はこんな感じ。

「ねえ。慎也くん、放課後ヒマだったりする?」楓から突然声をかけられた慎也は驚いた。楓は学園のアイドルで、自分とは何の接点もないからだ。用件を言わず立ち去る楓を不審に思いながらも、声をかけられたことで慎也の胸は高鳴っていた。彼女が校舎の3階から転落死するまでは―。学校は騒然となり、さらに楓が麻薬常習者だったという噂が流れる。警察の聞き取り調査が始まった。そこに現れたのは、慎也の従兄弟で刑事の公彦。公彦は、転落死の真相を探るため、教育実習生として学園に潜入することを決める。一方の慎也も、楓が所属していた演劇部に入部し、楓の周辺人物に接触を図る。なぜ楓は、慎也を呼び出したのか―。慎也と公彦は、真相解明に挑む。“どんでん返しの帝王”が新たに仕掛けるバディ×学園ミステリ! amazonから引用


作中で演技がいきいきと語られます。
その魅力が伝わってきそう。
大学時代に小さな舞台を見た記憶が呼び起こされました。
面白かったなぁ。

そして、またも見事などんでん返し。
中山作品は決して先読みしないで楽しみたいと思いました、まる。

関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント