FC2ブログ

【ワルツを踊ろう】

読書
06 /14 2019
5/25に読み終えました。

作者は中山七里さん。
どれだけ引き出しのある人なのでしょうか。

本作はこんな感じ。

20年ぶりに帰郷した了衛を迎えたのは、閉鎖的な村人たちの好奇の目だった。愛するワルツの名曲“美しく青きドナウ”を通じ、荒廃した村を立て直そうとするが、了衛の身辺で、不審な出来事が起こりはじめ…。 amazonから引用


タイトルからストーリーが全く読めませんでした。
それだけでも意外性があります。

そして田舎の閉鎖性が淡々と語られます。
自身が地方出身なので、納得してしまいました。
ただ主人公の行動にも疑念がありましたが。

どこかであった事件を思い出した作品でした、まる。

関連記事

よかったら拍手をポチッと!
ブログランキングに参加しています!
こちらもクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ランキング

コメント

非公開コメント